民事信託(家族信託)

streetscape

民事信託(家族信託)とは

民事信託(家族信託)は、財産に関する制度であり、自分の財産を将来どのように利用するか(信託の目的が重要)ということに力点が置かれます。 この制度を単体で利用するだけではく、併用することによって、次のような隙間を埋めることが可能になります。

後見制度の隙間を埋めることがございます。 例えば、後見制度はご本人が死亡しましたら終了しますが、民事信託(家族信託)は、信託の目的が終了するまでは、ご本人が死亡しても継続します。

遺言制度の隙間を埋めることがございます。 遺言では、二次相続ができませんが、民事信託(家族信託)は、二次相続も信託の目的に沿えば可能です。 二次相続とは、一つの遺言で、ある人に財産を上げるけど、その人がなくなったら、次は別の人にあげる、といった、順番に財産の承継人を定めることを言います。

民事信託には、以下に記載するように典型的なケースはあるものの、基本的にはその方の実現したい信託の目的(オーダーメイド)に沿って、じっくりと将来にわたり検討に検討を重ねてから作成いたします。

民事信託(家族信託)手続きを利用することが多いと思われる典型的なケース

  1. 認知症の高齢配偶者がいるケース
    委託者が、認知症の高齢配偶者のために、財産を信託して、生活を支えていくケース
  2. 障がい者の親なき後を支援するケース
    委託者が、障害をかかえる子のために、財産を信託して、生活を支えていくケース
  3. 受益者が連続するケース(二次相続)
    委託者が、配偶者のために財産を信託して、生活を支え、その配偶者が死亡したときは、前妻との子に財産から利益を受けさせるようなケース(これは遺言ではできないのです。)
  4. 相続税対策を行うケース
    信託のみでできるわけではなく、一般的な相続対策に他なりませんが、信託を利用してもできる場合もあるようです。